2012年01月24日

旧正月の風景

旧正月の風景

日本で神学校に行っていたので韓国の実家の正月の集まりには
なかなか参加できませんでした。

元旦も一日休みがありますが、韓国では旧暦で正月の休みを取ります。
23日の月曜日が旧暦の1月1日でした。

日曜日の夕方弟家族が来て母と一緒に御馳走を作りました。
3人の娘たちと弟夫婦が母の指示に従って
美味しい食べ物を次か次へと作り上げました。

日本から土曜日に韓国に着いた私は旅の疲れが取れず
文句を言う母にわがままを言って休みました。
食事の後の片付けだけ手伝いました。

日曜日の晩には久しぶりに花札をしました。
母と私、弟夫婦です。
一点に100ウォンのお金を掛けた真剣な勝負です。

母は毎月友達との集まりがあり、その度花札をします。
その反面私は何十ん年ぶりのようです。

花札をする中で色々と爆笑が起こり
久しぶりに大いに楽しめました。
お金を掛けた血戦はプロ並みの母の圧倒的な勝利でした。

一日、2日甥、姪たちはみんな用意したチョゴリを着て
お祖母ちゃんを始め、おば、おじに挨拶をしてお年玉を貰いました。

会う度、子供たちの成長ぶりに驚いています。
会えなかった時の生活や昔の話で楽しい時間でした。

いつも欠かさず出てくる私に関する思い出は怖かったの一言です。
子供が大の苦手で子供のわがままや行儀の悪さを絶対許さなかったせいです。

私の記憶の中ではきれいに忘れている事を
甥や妹はいつまで覚えているのですね。

反省、反省、しかし今でもわがままな子供には
我慢出来ないのでどうしようか。

とにかく色々な思い出や楽しい話題があって楽しかったのです。





  

Posted by 青い鳥 at 15:42Comments(0)

2012年01月20日

久しぶりの学院

久しぶりの学院

3月に学院を卒業してから2度目に学院を訪問しました。
毎月韓国から学院に来てインターネット宣教を教えている先生と
日本宣教について日本の人々と話し合いがあり通訳のために来ました。

学院にいる間、常に私の夢は世界旅行と学院生たちみんなに言っていたのですが
韓国から一番近い国である日本に来るだけでへとへとしているので
今回でその夢は私の頭からきれいに削除するつもりです。

ゲストルームでとまりひさしぶりに朝チャペに参加し後輩たちと
食事を共にしていると何だかとても不思議な感じです。

女子寮の暗いローカを歩きながらさすがに学院に来ていると
さすがに一人で感心しました。

卒業したら二度と学院には来ないだろうと言っていた私が
こんなにも頻繁に学院を来ることになるとは夢にも思いませんでした。

韓国にいる間も学院関連の人々に会う機会があるので
常に学院と繋がっているような感じです。

学院生たちと食事の時は大好きな学生長にまた自分の人生の進路について
聞いたり祈りを頼みました。

隣で聞いていた毒説の2年生の女子学生からは人に自分の祈りを頼る癖は
相変わらずですねと言われました。

3年間学院で訓練しても未だに苦手なのが祈りです。
しかしこれ以上、物ことが進まなかったら神様に文句を言うことになるかもしれません。
心の余裕のある方ぜひ私のための祈りをよろしくお願いします。
また、人に頼っているの声が聞こえてくる気がします。


  

Posted by 青い鳥 at 15:35Comments(2)