2019年06月16日

映画ーレンタネコ

映画ーレンタネコ
日曜日の夕方、教会でのメッセージも無事に終わり、
ホッとした気持ちで見た映画が1本あります。
日本映画”レンタネコ”です。

家の近くにあった猫カフェがなくなり、今はケーキ屋さんになりました。
引っ越ししてから間もなく猫カフェの前を通るたび
この店は何をしているのだろうと不思議でした。
窓ガラスの向こうには猫が数匹のんびりしているだけでした。
後で、ネコ好きな人がお金を払って猫と過ごす店だと知りました。
本当に、世の中は思いもつかなかった商売が成り立つのですね!!!

”レンタネコ”は寂しい人に猫を貸す女の人の話です。
猫カフェがあるぐらいならもしかしてこんな商売も
成り立つのかもしれません。
しかし、千円で猫を貸す商売って、ただ、寂しい人と
猫を結びつけるための言い訳かもしれません。

映画は心の中の寂しい穴ボコを埋めるために猫を貸す主人公と
彼女から猫を借りた人々の物語で成り立っています。

飼い猫の最後を見届けることができるかどうかで心配で
猫を飼えないおばあさん、長いこと単身赴任して過ごすうちに
家族と疎遠になってしまった中年男性、お客様のあまり来ない
暇な店、レンタネコとレンタカーの職員にまつわる内容など結構面白いです。

映画に出ている出演者の演技もうまくて楽しめます。
特に面白かったのはレンタネコの店とレンタカーの職員を演じる俳優でした。
彼女とのやり取りから監督は一つのメッセージを伝えています。

扱う猫や車は血統やブランドなどによりランクつけされてレンタル料金が違います。
そんなことに疑問をぶつけ、CランクのものをAランクの値段で借りるという
主人公の行動はあまりにも唐突で結構受けます。

世の中は人やもの、すべてにランクを付けています。
そして、人々はそんなランクが当たり前のように生きています。
そんな流れに反撃している主人公の行動が愉快です。

雑種で分類されCランクでしか扱われる猫でも
誰かにすごく愛されればそれこそ大事な存在になります。
人はブランドで判断したり、重みを置くかもしれないけれど
もっと大事なものは愛で結ばれた関係です。

ブランドのドーナツがいくら美味しくてもそこには愛は含まれていません。
思い出の中のおばあちゃんのドーナツだには勝てないことを主人公は語ります。

いつからでしょうか?
犬を抱いて歩いている人や散歩させる人が増えています。
自分で飼っているペットを人間のように扱っている人も増えています。
それは何を意味しているでしょうか?

薄れていく人間関係で寂しい人々が増えていることだと思います。
ますます広がっている心の穴凹をペットから埋めようとしているのかもしれません。
しかし、心の空洞はペットや物などでは絶対に埋めることができません。

ただ、一人イエスさまに出会いその愛で満たされるときだけ
心の穴は埋めることができます。
どうか、イエスさまに出会うことができますように!!!!


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。